和封筒・長形

【和封筒】とは短辺に封入口がある封筒のことで、【長形(なががた)】とは縦の長さが横の長さの2倍程度ある封筒のことです。書類を折って入れることが多く、請求書やDMの送付など幅広い用途で利用されています。長形でもっともよく使われるサイズは長3封筒で、A4サイズの用紙を三つ折りにして入れることができます。その他にも定形郵便として送れるサイズが多数あります。
長形サイズサンプル

長1サイズ(142×332mm)


B5サイズの縦二折が入ります。

長2サイズ(119×277mm)


B5サイズの縦二折がぴったり入ります。

長30サイズ (92×235mm)


定形封筒で、A4サイズの横四折が入ります。

洋4サイズタテ (105×235mm)


定形封筒で、A4サイズの横三折が入ります。

A4三折サイズ (105×220mm)

A4三折、アルボレス

洋5サイズタテ (95×217mm)


定形封筒で、A4サイズの横四折が入ります。

【和封筒と洋封筒の違いとは】



封筒の形は、大きく分けて「和封筒」と「洋封筒」の2種類があります。
和封筒とは短辺に封入口がある封筒のことで、洋封筒とは長辺に封入口がある封筒のことを指します。和封筒は一般的なオフィス用品として、書類や手紙を送る際に使われます。洋封筒は、招待状や挨拶状送付などフォーマルなシーンでよく使われている形です。

和封筒と洋封筒の違い


山櫻オンラインモール(SOREAL)では和封筒・長形をはじめ様々な封筒・紙製品をお取り扱いしております。
また、一部の商品では大量のご発注・即日発送も承っておりますので、和封筒・長形ならぜひ山櫻をご利用ください。
山櫻のエシカル製品

送料無料まであと少し! チョイたしアイテム

プリンターで印刷可能な商品をさがす

封筒の用語集